ロゴ

インプラント治療を受ける上での注意点

注意点について

治療器具

治療期間に個人差がある

インプラントはこれまでの自分の歯のような感覚になれる人工歯ですが、骨に埋め込む必要があるので治療に時間がかかる場合があります。人工歯根が骨に馴染むには長くて半年程度かかると言われています。また、それ以外にも歯の治療が必要となる場合は、それ以上に時間がかかることが予想されます。

必ず成功するとは限らない

インプラントを骨に埋め込む手術となりますが、必ず成功するとは限らないので注意が必要です。外科手術となるため神経や血管に触れないといけないケースもあります。それが影響し問題が起こる可能性も考えられるため、気になることがあれば事前に担当医師へ全て確認しましょう。

手術ができないケースがある

インプラント治療を希望しても、中には手術が受けられない人もいます。例えば、骨が成長過程にある場合は、骨が成長するまで手術を受けることができません。また、喫煙している人や、糖尿尿などの病気を抱えている場合は、生活習慣の改善が必要となることもあります。

メンテナンスが欠かせない

一度インプラント治療を受けたからといって、定期検診を怠っていては問題が起こる可能性があります。インプラントは天然の歯ではなく人工の歯のため虫歯などにはなりません。ですが、ケアを怠ってしまうとインプラント周囲炎になるリスクが高くなるため、定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

注意点を覚えておく

歯の治療の中でもインプラントは新しい治療となります。安全性を考慮した治療とはなりますが、手術を要する治療でもあります。何も知らないまま治療を進めるのではなく、注意点を知り納得した上でインプラントの治療を受けるようにしましょう。